マンションを賃貸するとき

賃貸についての知識

仲介料

賃貸マンションの保証金の相場

マンションを賃貸するときは、家賃のほかに、保証金や礼金などの初期費用が掛かります。最近では、初期費用が要らなかったり、割安な物件もありますが、その分毎月の家賃に上乗せされているなら、安いから得ということではありません。初期費用を払える人は、毎月の支払い能力も安心という、入居者の信頼を図る意味もあるので、初期費用がある分、毎月の家賃は割安に賃貸できることが一般的です。初期費用の相場は、法律で決まっているものではなく、慣習に従っている場合が多いため、マンションの地域によっても異なります。東京近郊では、保証金、礼金それぞれ2か月が相場です。

マンションの保証金とは

マンションやアパートなど賃貸物件の契約には保証人が必要となりますが、さまざまなトラブルの原因となることから、最近では保証会社を利用することが多くあります。保証会社は保証金を支払うことにより、万が一の場合があっても賃貸オーナーに家賃が支払われるため、借主、貸主にとってメリットがあり、その相場は二年ごとに1万円程度と非常に低価格です。また、地域によっては敷金礼金のことを保証金と呼ぶケースもあり、その場合は、家賃の数か月分の費用を要します。敷金は退去時に返還されますが礼金はオーナーの利益となるため、敷金、礼金の内訳を知ることが重要といえるでしょう。

新着情報

↑PAGE TOP

© Copyright マンションを賃貸するとき. All rights reserved.